Fate/Zero 21話 『双輪の騎士』を見ての感想2012/05/27 13:13

今週は、前半にライダーVSセイバー、 後半は教会のシーンと見所がありましたね。

まずは前半。

VMAX(モータード・キュイラッシェ)を駆るセイバーカッコ良かったですね~!このシーンはFate/Zeroのアニメ化が決定した時からすごく期待していたのでどんな感じになるのかな?とwktkして待っていたのですが、、期待通り、疾走感のある良いシーンでした。

改造VMAXにセイバーの魔力を開放すると、こうなるのか!?と一人納得して見入っていましたw

ちょっと話は飛びますが、来月にはグッスマのセイバー&セイバー・モータード・キュイラッシェが発売になります。こちらもかなり楽しみです(*^_^*)


VMAXを駆り、アイリスフィールをさらった?ライダーと一閃勝負になりましたが、これはセイバーの勝ちでした。イスカンダルの失われた魔力がもう少し回復していれば、また違った結果だったかもしれませんが、このシーンはちょっとあっさりししすぎだったかと思います。

肝心のアイリスフィールは、ライダーに誘拐されたのではなく、ライダーに変身したバーサーカーの仕業でした。

ライダーは真っ向勝負を挑むタイプの英霊だから、誘拐はしないはず、となるとこの事件の犯人はアーチャーかバーサーカーのどちらかと考えていたので、予想は的中しました。でも、裏で言峰綺礼関わっていたのは、意外でしたね~。

あと、セイバーがライダーとの勝負の後、すぐに撤収してしまいましたね。犯人はライダーではないということが分かって撤収したのでしょうが、撤収に至った経緯をシーンに入れて欲しかったです。


後半

間桐雁夜が言峰綺礼と協力して得た、遠坂時臣との対決。

結果は・・・でしたね。

時臣はとっくに死んでいるわけですから、なにもあるわけではないのですが、そこに遠坂葵登場!

葵は時臣を間桐雁夜が殺したと思い、泥沼の修羅場に。錯乱した間桐雁夜は好きだった葵を殺してしまうという悲惨な内容でした。

それを見ていた言峰綺礼は、酒が美味いと上機嫌でしたよ・・・。

マジ外道、言峰綺礼!世に悪は栄えるのでしょうか・・・。

そうでないことを祈ります。


次回 22話 「この世全ての悪」 

いよいよ最終決戦が始まるようです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

_ コツコツ一直線 - 2012/05/27 23:44

 今回はセイバー対ライダー陣営のバトル、教会で雁夜に関するあるイベント発生と、イベント盛りだくさんな回でした。 教会の話は原作を読んだ時、一番印象に残った話だったのでこうしてアニメで観ることができて感慨深いものが…。予想以上にあれで満足しまし...