Fate/Zero 20話『暗殺者の帰還』を見ての感想2012/05/20 12:30

過去2回の切嗣のお話から、元の聖杯戦争の話に戻って来ました。

今週は、残り4陣営の最後の戦いに向かうための序章だったかと思います。

各陣営毎に個別感想を

ライダー陣営

ウェイバーたんが、たくさんのお買い物をしていましたね。カイロ、お弁当、それに、ユンケルも?@@ 何か壮大なことでもやるのかな?と思いきや、そうではありませんでした。これまでの戦いでライダーが消費した自己魔力を自分の魔力を使って回復させるための栄養補給だったようです。

日中回復すれば、フルではありませんが普通に戦える程度には回復するようです。
回復を図りながら、ウェイバーの戦う目的、それを心配するライダー、ライダーの目的というか決意というものが語られます。お互いにいい関係を築いているようで、最高の相性を持つコンビだなと感心させられました。

次にバーサーカー陣営

こっちは、ある意味、悲惨・・・。

間桐雁夜、バーサーカーの悪夢に苦しめられる、間桐の爺に新しい蟲を飲まされるなど、散々でした・・・。この蟲は桜の処女血を吸ったものだそうで、間桐雁夜としては、精神的にも苦しめられたことでしょうね・・・。間桐雁夜、今後、体はともかくまともな精神状態で戦っていけるのでしょうか?

あと、バーサーカーが初めてまともに話をしていました。ある意味、貴重でしたね!声質もよかったな~。


アーチャー陣営は、特になし。


ラストはセイバー陣営、今回の見所でしたね。

アイリスフィールは、体内に埋め込んであったセイバーのアヴァロンを切嗣に返却し、いよいよホムンクルスとしての役目が終わってしまいそうです・・・。Fate/Zeroの中で唯一、女性らしい女性なんで、分かっていても、とっても寂しい限りです(T_T)

この土蔵のシーンでは、今回の聖杯戦争にかけるアイリスフィールの願いや舞弥の願い、過去が語られて、心情を深く描いた良いシーンだったかと思います。

舞弥自身は聖杯戦争後の身の振りについて、さほど考えていなかったようですが、アイリスフィールの提案で少し明るい方向へ心が揺れた瞬間、

なんと、ライダーが土蔵を襲撃してきました@@

ぇ?! あのライダーが???

ライダー襲撃に対応しますが、所詮、人間と英霊、勝てる訳ありません・・・。

あっという間に瀕死状態まで持っていかれました・・・h

なんという悲劇ヽ(`Д´)ノウワァァァン!!

光のあるシーンから一気に奈落の底に落とされました。これが虚淵ワールドなんですよね~(、、:

分かっていてもショックでした・・・。

ラストは切嗣に看取られ、エンド・・・。セイバー陣営初の死者となりました・・・。

悲劇の始まりは、新たな戦いの狼煙ですね。

次週は、ライダー?を追いかけたセイバーとの勝負が見れるのでしょうか?

来週も見逃せません!


以上、Fate/Zero 20話『暗殺者の帰還』を見ての感想でした~。


19話の感想はこちら

コメント

_ てへぺろしゅがー ― 2012/05/24 20:18

久しぶりに過去のお話から戻って来ましたねー
ウェイバー、ライダーコンビは私も好きです。

アイリと舞弥のシーンでは明るくて
その直後に舞弥が…
まどか3話のマミさんのお話を彷彿とさせます。

次回はあのライダー?と対決でしょうか
あのライダー?どこか偽物っぽいです。

_ Meyrin(管理人) ― 2012/05/25 23:11

>てへぺろしゅがー さま

こんにちはー^^

いきなり、底に落とされますから、虚淵玄ワールド全開ですよね~(^_^;)

ライダー、やっぱり偽物かな?となると、アーチャーかバーサーカーということになるけど、アーチャーは卑怯な手を嫌うだろうから、消去法でバーサーカーかな?

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

_ コツコツ一直線 - 2012/05/20 22:15

 切嗣過去編も終わり、物語は再び聖杯戦争へ。残る陣営も少なくなってきて、戦いもいよいよクライマックスへ。そして今回も犠牲者が…これで切嗣のまあいいやも聞き納めだと思うと寂しいです…。この先どんな死闘が繰り広げられることになるのか&amp...