Fate/Zero 19話『正義の在り処』を見ての感想2012/05/13 11:27

前回に続いての衛宮切嗣の若い頃のお話・・・

いきなり手術シーンから始まり驚きましたが、これは切嗣の体から肋骨を摘出していたシーンだったようです。で、摘出した肋骨を粉々にし弾丸を作っていたと。

これが切嗣の切り札、ケイネスの魔術回路をズタズタした起源弾だったのですねー。切嗣の持つ魔術師としての素養は、大変すごい物だったようです。

19話は父を殺しての離別、島からの脱出後が描かれたわけですが、切嗣の目、もう、現在とほとんど変わらなくなっていました^ー^::

一人でも多く救いたい、世界を救いたいと願い、頑張っていても、毎回、起こることが同じような内容では、やっぱり心は荒んでいきますよね・・・。(当然、目も。。。)

でも、狩人として生き、殺人(魔術師殺し)をしていても、誰かを救いたいと思う矜持は守っていたようです。

そして、父に続き、自分の母親と思っていたナタリアも、結局、自分で殺してしまいました。クールに装っていても、最後は感情が爆発していましたね~(T_T)

外道、マジ外道と言われていますが、これがやっぱり切嗣の本心なんです。

この事件のあと現在までに、慣れてきたのか?時間がそうさせたのか?は分かりませんが、ほとんど本心をださない現在のクールな衛宮切嗣とい人間性が確立していったのでしょう・・・。

妙に納得しながらも、やりきれないな~と私は感じてしまいました。


さて、来週からは元の聖杯戦争に戻りますね。残り何話あるのかな?7話ぐらいでしょうか?残す陣営は、セイバー、アーチャー、ライダー、バーサーカーの4陣営のみ。熾烈な戦いが展開されることでしょう。 今からとっても楽しみです(*^_^*)


以上、Fate/Zero 19話『正義の在り処』の感想でしたー。

コメント

_ にょ ― 2012/05/13 18:05

突然のコメントすいません… 覚えておりますでしょうか?にょです! 

昨日の放送を視聴して悲しい思いがこみ上げてきたのでコメントさせていただきます!しかも偶然の母の日だし… 

4月から2回目が始まりましたが、色々ありましたよねー。最初で龍ちゃんが死んじゃったし、キャスターも死んでしまったり、時臣さんが暗殺されてしまったり…(私の場合、何故か時臣さんが死ぬ所が録画に失敗してブレていまいました)ランサー&ケイネス先生もソラウさんも… 悲しいです!!
最初は2回目のopの切嗣が成長してゆくところで、ネタバレだなーと思って見ていました!                                    さて、今回の話は前回で救えなかったシャーレイの未練とナタリアさんを殺してしまった悲しみが痛いほど分かる回でしたね…父親も手にかけてしまったし…。 自分も小説を読んでいて悲しかったですが、映像化してみて見ると、悲しさ&苦しさが身に沁みるそんな話でしたよね…。後、前回の話で空の境界のアルバこと、赤ザコさんが出演してましたね!!あれはビックリしました!!fate zero マテリアルでも買おうかなーと思ってます!! コメント失礼しました。

_ Meyrin(管理人) ― 2012/05/14 22:59

>にょ さま

こんにちはー。お久しぶりです。12月の放送時のコメ以来でしょうかね?お元気で何よりです。^^

空の境界のキャラであるコルネリウス・アルバの事は、私は原作を読んでなかったので知らなかったのですが、こういうところでリンクしていたのですねー。(他の方の感想で知りました^^:)

型月の作品は、ひと通り全部見ておいたほうが楽しめるんだなぁーと痛感しましたよ^^:

Zeroマテリアル、私も読んでみようかなぁ^^

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

_ コツコツ一直線 - 2012/05/13 14:51

 切嗣の過去後編。島での惨劇の後、ナタリアと共に狩人として行動を共にする切嗣。何故切嗣があそこまで魔術師を憎んでいるのかも明らかになります。母の日なのにあの展開…さすがFate/Zero。Zeroだけではなく、Fate本編、EXTRAの英霊エミヤの話にも通じるエピ...