Fate/Zero 第9話『主と従者』を観ての感想。2011/11/27 00:01

11月も終わりで、今回は9話ですね。というか、もう9話なのか・・・。本当に毎回、あっという間ですね(;・∀・)

さて、第9話を観たので、早速、軽く感想を記してみたいと思います。

まずは、ケイネス。

前回のラスト。衛宮切嗣の起源弾を受けて瀕死となり、ランサーに救われたケイネスですが、なんとか生きていましたね。でも、魔術回路はボロボロでもう聖杯戦争を戦うには無理な体に。妻のソラウはこれをいい機会に、令呪を奪い取ったようです。妻のソラウ、鬼でしょう・・・。元々、政略結婚か何かで許嫁になったのでしょうが、ケイネスの小指を折り曲げながら令呪を渡すように迫るシーンは「人間としてどうなんだろうか?」と考えさせられてしまいました。また、原作のイラストの雰囲気とは違う感じのキャラ絵が、更にその特徴を際立たせていたかなと・・・。ある意味、制作陣の狙い通りなのかもしれませんね~。

また、ランサーの生前の生い立ちや現界して求めているものが描かれていた事は、とても良かったと思います。是非、前世の失敗というか過ちを、見事、遂げて欲しいと願うばかりです。

久しぶりのウェイバー&ライダーさん

まずは、ライダーの豪快な飲みっぷりにワロタw ああいう人は、一人ぐらい友達に欲しいですよね。どんな時でも、豪快に場を楽しませてくれそうですw

ウェイバーたんの下の下の策から、キャスター工房の情報をゲット。早速、討伐に向かったライダー&ウェイバーでしたが・・・。

このシーンは、原作だとかなりグロなシーンなわけですよね?龍之介&キャスターが小さい子供を虐殺していた場所なわけですから・・・。まぁ、深夜アニメでも描写は無理でしょうね(、、: それでも、業火の中で少年の靴が片っぽだけ転がっているシーンあたりは、やるせないものを感じました。・゚・(つД`)・゚・ ウェ―ン

セイバーなら、エクスカリバーでも屠っていたでしょうか?グロなシーンはともかく、ライダーが宝具を振り回して工房を壊すシーンは、もっと豪快に描いて欲しかったかなと思います。

今回気になったところは、こんなところかな。

来週は、『凛の冒険』ということで、久しぶりに遠坂凛役の植田佳奈さんの声が聞けるのは、いちファンの私としてはとってもとっても嬉しいです!!

来週も楽しみですね~(*^_^*)

以上、TVアニメ Fate/Zero 第9話 『主と従者』の感想でした~。