TVアニメ Fate/Zero 第6話 『謀略の夜』を見ての感想2011/11/06 01:08

さて6話ですね。

1期は13話の予定だったはずなので、折り返しラインとなりますか。今日の6話から原作では2巻に突入するようです。

まずは、メルセデス・ベンツの運転シーンからですね。アイリスフィールはこのおもちゃ?@@がお気に入りのようでドライブを楽しんでいるようですが、助手席に乗っているセイバーはちょっと顔が)ひきつっていましたね。(;´∀`)表情が対照的で良いシーンでした。



このアニメでは、尺の関係からこういったシーンはどうしてもカットされたりすることは多いと思うので、描かれていて良かったな~と思いましたよ。無邪気なアイリスフィールさん可愛らしかったです。^ー^

そして進行を遮るように、キャスター登場!



前回の終わりに、キャスターがセイバーにご執心のようでしたが、その理由はセイバーをジャンヌ・ダルクと思っていたからのようです。私は、ジャンヌ・ダルクの逸話や原画イラストなどを見たことが無いので分かりませんが、セイバーとかなり似ているのでしょうかね?

セイバーのインビジブルエアによる威嚇の斬撃により、キャスターは一度撤退しましたが、来週もまた絡んできますね。



そして雨竜龍之介&キャスターの陣地(魔術工房)

龍之介は、なんか殺戮的な事をやっていたようですが、このシーンは制作者側が自主規制を入れると語っていたらしいので、酷な描写はカットされていましたね。原作でもかなりピーなシーンとなっていたので、カットで妥当だったかと思います。じゃないと、BPOあたりに問い合わせが殺到していたことでしょう(;・∀・)

シーンは変わり、とあるホテルの一室。

ケイネス・エルメロイがランサーを叱責しているようですが、そこに許嫁のソラウが登場。ソラウは初登場ですかね。ソラウはケイネスに対して別の見解を出し、それに対してちょっと辛そうな表情をしているケイネスをみると、どうも、ソラウに頭があがらないようです。やっぱり女性は強しでしょうか@@

あと、ソラウのイメージが私のイメージとちょっと違いました。原作だともうちょっと若い感じがするのですが、微妙に年上な感じを醸し出していましたね~。



またこの陣営の変則的なサーヴァントとの契約スタイルも明らかになりましたね。令呪はケイネスに。ソラウは魔力供給を行うダブルマスター制。といっても会話の最中に、ランサーが「我が主への侮辱だ。」と具申しているところをみると、サーヴァントにとってのマスターは、令呪持ちが優先されるようです。

ちなみに、このシーンではソラウの態度が急変しますが、、ソラウはランサーのチャーム黒子にやられていそうですね。(;´∀`)この三者の微妙な関係が、今後の聖杯戦争にどのような影響を与えるのか?気になるところです。



突如鳴り出す火災警報器の音。ケイネスもこれがどういうことを意味するのか?来訪者が誰であるかもわかっているようです。ホテルの最上階に特別な魔術工房トラップを設置し、戦闘準備はOKのようです。

それに対して襲ってきた、衛宮切嗣&久宇舞弥ですが、どういうふうに攻めるのか・・・と思いきや・・・

ビルまるごと爆破キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!ww

作戦というにはスゴすぎる大胆な戦略@@

このシーンだけは、私の頭の中ではダイハードとか24の世界でした。衛宮切嗣の声優さんがこの時だけは、ジャック・バウアーに見えてしまいましたw



成果を見届け、撤退しようとした久宇舞弥に襲ってきたのは、なんと言峰綺礼。

聖堂教会の神父で代行者ということですから、戦闘能力は高いはず。そして、久宇舞弥も暗殺のプロ。対峙の結果は、言峰綺礼の投げる投擲武器「黒鍵」で銃持ちの手を射抜きます。綺礼の戦闘能力、神父とか言うレベルじゃないし。十分な暗殺者クラスですよ@@ 暗殺者レベルの神父にアサシンのサーヴァント。ある意味合っているような気がして、ひとり納得してしまいました。



ラスト

キャスター&雨竜龍之介の行動が聖杯戦争と全く関係のないことをやっているということで、監督役である言峰璃正はすべてのマスターをキャスター討伐に動員するようです。これに対して、キャスターはどう動くのか?来週以降、気になるところ。

自室に戻った言峰綺礼にお客様が。ギルガメッシュが酒瓶を空にしながら待っていたようです。どうもギルガメッシュは遠坂時臣と反りが合わないようで、かなりご不満のご様子。綺礼とアーチャーとの間で聖杯戦争や愉悦について問答をしますが、この会話の部分は今後の言峰綺礼にとって、とても重要な意味がありそうです。アーチャーにとっても綺礼に興味をいだいたようなので、今後、何か変化があるかもしれませんね~。



今回は、戦闘シーンがほとんどありませんでしたが、タイトル通り『謀略の夜』であり、かなり濃密に描かれた夜だったかと思います。バトルじゃなくても、30分があっという間ですね!

来週の夜は、どういう夜(ストーリー)を見せてくれるでしょうか?楽しみですね!

次回、第7話『魔境の森』

以上、Fate/Zero 第6話『謀略の夜』の感想でした~。