コトブキヤ シャイニング・ハーツ マキシマ 撮影レビュー2011/06/05 00:00


コトブキヤ 「シャイニング・ハーツ マキシマ」の撮影レビューとなります。

このフィギュア、ワンフェス2011冬の時にコトブキヤのブースでチラッと見まして、出来はいいな~と思っていたのですが、その時は、何のアニメ・ゲームのキャラか分からず、思いっきりスルーしていました^^:(撮影もしてなかった・・・。)

3月下旬頃だったでしょうか?Amazonを眺めていたら、偶然、在庫が復活していたので、勢いでポチッとしまして、その後、キャラの素性を知りました。(普通は逆ですよねw)原画がTony氏の作品であるということ、セガのシャイニング・ハーツというゲームのキャラということに・・・wでも、未だに、シャイニング・ハーツはプレイしていません・・・。

届いたのは、5月29日。発売日の二日後だったかと思います。レビューは、ちょっと諸事情により遅れてしまいました。


今回の撮影機材は

カメラ   EOS Kiss X3(一眼レフ)
レンズ Tamron SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1
レンズ Canon 18-55mm F3.5-5.6 IS (俯瞰シーンの一部で、使用しました。)

となっております。


では、レビュースタートです。

まずは、お決まりのパッケージイメージと、ブリスターパックイメージです。

箱は、白を基調として、そこにTony氏のイラストが、そのまま採用されています。ブリスターの方は、ちょっと見えにくいかもしれませんが、フィギュア本体の癒着と色移り防止のためでしょうか?何重にも、ビニールシートが巻いてありました。(外すのにちょっと苦労。)付属品は、左手用のカードと右手用の太刀ですね。カードはとても小さいですが、太刀は約16センチ近くと、かなり長いです。


定番の全身8方向ショットです。









バストアップ写真となります。
見た目で、購入を決めたのですが、Tony氏の描く、オンナノコの可愛らしさが存分に表現されていますね~。^^




顔のアップ。
角度によって顔の表情が結構かわりますね~。可愛らしいところもありますし、真が一本通った自信のある表情も伺えます。




胸のアップです。
マキシマと言ったら、これでしょう!!!どうですか、このバスト。もう、ドキドキものです(@@





背中のアップです。

大きく背中の開いたドレスに、大きめのリボンが腰についています。きれいな背中のライに、惚れ惚れしてしまいます~@@大きめのリボンも、腰の細さと相まってとても魅力的です。




ポニーテールの部分とそれを束ねるリボンです。膝小僧の辺りまで伸びていて、とても長いですね~@@リボンの先端の部分が三角になっていて、ふと、イカ娘を思い出したのですが・・・それは私だけでしょうか?(´・ω`・)エッ?



スカートの部分アップです。
この独特の裾は、うっすらとですがグラデーションが入っていまして、先端に行くほど、薄紫になっています。外スカートの内側に、透明素材でのミニスカートを履いています。(内側のミニスカート部分は、キャストオフも可能。)



足元のアップ
フリル付きのブーツに、ほっそり感のある足首。この足の部分は、裏側からネジで固定されていました。



カード(呪術用?)

人差し指と中指の間に挟んで持たせるのですが、切り込みが少なく、すぐ、ズレ落ちてしまいます。無くさないように、要注意ですね。




左手のアップです。
柄の部分は、銀と黒のツートンカラーで、銀色の部分に光沢感があります。持ち手と刃の繋ぎの部分には、五芒星の絵柄が。刃はエッジがきいており、とてもシャープな感じです。






下半身だけのアップです。
コトブキヤのフィギュアは、今回はじめて購入したのですが、上下でパーツが分かれているようです。ほっそりとしたきれいな足のラインで、美脚ですね~^^ミニスカートの部分は、先程説明したとおりで、キャストオフ可能です。外すと、もれなく下着が拝めます~@@。この透明パーツ、もうちょっと透明でも、良かったかな~。(*´∀`)






魅惑の部分。(´∀`*)ポッ 下着は、ホワイトパール調の塗装がされていまして、シルクの下着をイメージでしょうか?高貴なマキシマさんです。ニーソの部分は、表現しにくい色なのですが、もうちょっと凝って欲しかったかな?と思いました。



以下は、適当に何枚かアップ。




決めポーズは、左斜め向きの凛とした感じと可愛らしさを包含する表情で〆!




以上、コトブキヤ マキシマの撮影レビューでした~。

御閲覧、ありがとうございました。m(_ _)m


撮影後記:

今回、撮影レビューがちょっと遅くなってしまったのですが、それは、とある背景紙が届くのを待っていたためです。早速、使ってみたのですが、如何でしたでしょうか?この背景紙については、後日、別途、紹介しようかと思っていますが、フィギュアレビューのサイトでは、よく使われている紙のようです。あと背景紙として、グラペを追加出来ればいいいな~と思っていますが、あれ、結構、いいお値段するんですよね~^^:この趣味、ホント、お金かかるわ~h

光のバランスについては、アルター秋山澪学園祭Ver.の撮影後記に、「もしかしたら、次の撮影の時には、8方向ショットだけでも、露出を安定できるかも?」と記したのですが、どうだったでしょうか?ちょっと、まだ明るいような気がしますが、私としては、いい感じになったかな~と思っています。

それ以外では、俯瞰写真を撮るために、久しぶりに、キットレンズを持ち出してみました。自由雲台がないので、手持ちで撮影したのですが、キットレンズ、結構、いい味だしますね~。今後は、ポイントで使っていきたいです。

コメント

_ dm ― 2011/09/02 10:59

やっぱこのオッパイ最高ですよね!
谷間で挟んで貰いたい

_ Meyrin(管理人) ― 2011/09/02 20:47

>dm さま

初めまして、こんにちは。コメント頂きまして、ありがとうございます。^^

細身の体に、この胸は反則ですね~(;´∀`)クラっとしてしまいますよ~@@

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック