ねんどろいど 高坂桐乃 撮影レビュー2011/04/22 00:21

今更な感じもしますが、一通りの撮影が出来ましたので、

グッドスマイルカンパニー ねんどろいど 高坂桐乃の撮影レビュー

となります。

ねんどろいど 高坂桐乃は、最近、再販が決まり、各ショップで予約が始まりましたが、発売日当日は、アキバで、瞬殺するぐらいの大人気商品でした。その時点で私は、予約もしていなかったのですが、偶然、Amazonの放流品(キャンセル品?)を定価で、拾うことが出来ました。

そして届いたのが、3月10日。翌日は、ご存知のとおり、大震災が襲ってきました。><:。私の家の被害は、幸い、大したことありませんでしたが、部屋内の物は、かなり、落ちたり、倒れたりしました。当然、その中に、この桐乃もありました。

届いたばかりで、壊れていなければいいな・・・と思っていたわけですが、まぁ、大丈夫だったようです・・・。

震災の影響と、ねんどろいどを、自分が思うように撮影が出来ないジレンマがあり、この1ヶ月間、放置していたのですが、解決策のマクロレンズを手にいれ、余談は許しませんが、地震もある程度、落ち着いたということで、公開することに致しました。

まず、撮影機材ですが、全写真を

EOS Kiss X3(デジタル一眼レフ)
SIGMA(シグマ) MACRO 50mm F2.8 EX
で撮影しております。

フィギュア撮影レビューとして、全部、一眼レフを使ったのは、おそらく、この桐乃が初になると思います。(今後は、そうしていく予定です^^:)

まずは、パッケージデザインから。

次に、中のブリスターパック。

箱のデザインは、カラフルなデザインで、女の子らしい感じがしますよね~。
ブリスターパッケージのほうは、メインの本体以外に、顔や腕の替えパーツや、DVDとBDのパッケ、桐乃携帯、紙袋バック、あと、別途デコレーションシールが入っています。

では、メインの全身ショットを紹介。

通常顔ですが、デフォルメしても原作の雰囲気を、よく表現していると思います。^^




こちらは、ツン顔の表情。かなり、怒ってますね~@@




デレ顔。手がノーマルだと、脱力感ありありな感じが、よく表現されていますw


それぞれの顔アップ写真となります。



ここからは、パーツを使っての表現写真です。

左手に紙袋バックをもって、買ったばっかりのBDのパッケを眺めている桐乃でございます。この紙袋バックとBD(DVD)には、添付のシールを貼ることが出来ます。私は、撮影時点で、どれを貼ろうか、決めていなかったので、貼っていません^ー^:

こっちは、DVDのパッケですね。


表情だけのアップシーン。やっぱり、シールを貼っていないと、様にならないなぁ@@

お買い物の紙袋バックをもって、携帯でTELしているイメージでございます。ちょっと、このシーンの撮影は、水平が取れてないので、左側に傾いています。あと、フレーム内に収まっていない・・・orz



表情のアップ。とても、微笑ましい感じです~ね^ー^

手を組んでの、怒りスタイル@@ 怖いですw

上記の表情アップです~。

ラストは、パーツの紹介。

桐乃携帯ですね。本当に、小さなアイテムですが、ボタンなど、きちんとデザインされています。手抜きなしの仕事で、いいですね~。

BD/DVDと紙バックに貼るシールです。桐乃が大好きな「メルル」もきちんとありますよ~♪。グッスマだけに、ブラックロックシューターもあります。

ラスト。透明な台座 きちんと会社名や製造国が、プリントアウトされています。

写真は以上です。

最初に、撮影したときは、標準の18-55mmズームレンズしかなかったので、どうしても、大きく撮すことが出来ず、迫力にかけました。そのために、別途、マクロレンズを購入したのですが、期待通りの大きさで写ってくれたので、良かったです。^ー^

ただ、画質は、旧世代故、ピンのシャープ感や解像度に欠ける点は、否めません。いずれ、ワンランク上のレンズに、変更したいと思っています。(シグマのDGあり現行モデルなど。)

ねんどろいど撮影には、マクロレンズを1本、持っておくべきだと思いました。。ハイ

以上、へたれ写真ではありますが、

ねんどろいど 高坂桐乃 撮影レビューでした~。

当ブログ関連記事

シグマ MACRO 50mm F2.8 EX 紹介記事

ねんどろいど桐乃 再販情報

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック